ハーレクインかれこれ18年

もう嵌り続けて18年・・・。いっそ埋もれてしまいたい。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

かたくななレディ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
リバティーはわが身の不運を呪った。恋人の浮気現場を目撃したうえに、今度は不注意な運転の辞で最新型のメルセデスベンツと接触事故を起こしてしまったのだ。車から降りてきた男性は、弁償するという彼女の連絡先もきかず自分の名刺を渡すと、さっさと立ち去ってしまった。いったいどういう人なのかしら?疑問はその夜すぐに解けた。父と出かけたロンドンの高級ナイトクラブで、あの男性カーターが有名モデルと親しげにしていた。彼はここの経営者で、ロンドンの半分を手中に収める人物だという。彼女に気づいたカーターは、大胆にも誘いを仕掛けてきた。「もしディナーにつきあってくれたら、保険のことは忘れよう」。

内容(「MARC」データベースより)
恋人の浮気現場を目撃した上に、不注意な運転で接触事故を起こしてしまったリバティー。弁償するという彼女の連絡先も聞かずに立ち去ってしまった相手の男性は、高級ナイトクラブの経営者だった…。

あなたへの旅路 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『幸せの蜜の味』―父の葬儀に出席するため、リーは六年ぶりにシドニーに帰ってきた。横暴な父が亡くなった今、残された家族と仲直りできるかもしれない。だが、リーの期待は見事に裏切られた。いたたまれない雰囲気の中、いちばん顔を合わせたくない人物が声をかけてきた。父の築いた企業帝国の後継者―リチャード・シーモアだ。動揺するリーに彼は突然言った。「君と結婚したい」。『花嫁の反抗』―リアの夫は、リゾート開発会社社長ジェラード・ウッドワード。新婚ほやほやだというのに、仕事にかまけて妻を顧みようともしない。ついにある日、リアは夫が友人に告げた言葉を偶然耳にしてしまう。「結婚を長くもたせるこつは、愛していない女と一緒になることだ」リアはブリスベンの家を飛び出し、遠く離れた場所で暮らし始める。ところが、心の傷も癒えかけたころ、不意にジェラードが現れ…。

内容(「MARC」データベースより)
父の葬儀でリーはシドニーに帰ってきた。そこへ、リーが一番顔を合わせたくない人物、父の築いた企業帝国の後継者でもあるリチャードが声をかけてきた…。2001年刊「幸せの蜜の味」と1999年刊「花嫁の反抗」の合本。

秘密 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「何できみと結婚しなければならないんだ?」これがルークの答えだった。「きみには、ぼくの妻にふさわしい家柄も教養もない」キャサリンの頬から血の気が引いた。父も母もなく孤児院で育ったキャサリンは、愛に飢えていた。著名な大実業家のルークに恋した十八のとき、何も求めず、ひたすら愛を捧げた。だが、彼女に与えられたのは、愛人という名前だった。豪華な住まい、贅沢な暮らし…そこにあるのは不安だけ。そして今、キャサリンは決断を迫られていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド出身。7月30日生まれ。ロマンス作家の中でトップクラスの人気を誇る。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで、スリランカからの養子を含めた五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ぼくのせかいをひとまわり (単行本)

Amazon.co.jp
   子ウサギにとって、世界は「ボクのスリッパ。/ボクのパジャマ。/パパのパジャマ」。そして、「ママのいす。/ボクのいす。/背の低いいす。/背の高いいす。/でもまちがいなくボクのいす」といった言葉に凝縮されている。    マーガレット・ワイズ・ブラウンとクレメント・ハードによる『My World』が、30年ぶりに復刊となった。姉妹版である名作絵本『Goodnight Moon』(邦題『おやすみなさいおつきさま』)と同様、幼い子どもたちを元気づけ、彼らの心を魅了する。『Goodnight Moon』と同じスタイルで、「歯を磨き、朝ごはんを食べ、魚釣りに行き、本を読んでベッドにもぐりこむ」といった子ウサギの家族の1日を描写する。どんどん広がっていく子どもの世界は、白黒とカラーのページを交互に使って描かれている。ある場面では、青いつなぎ姿の子ウサギが、楽しそうに木製のトラックを修理し、おそろいのつなぎ姿のパパが、ガレージのすぐ外で本物の車を修理している。    最近『Goodnight Moon』のとりこになった人々は、50年以上も前に創作されたこの絵本の中に、おなじみの登場人物やイラスト、やさしくリズミカルな文章を発見し、大喜びするだろう。同様に、昔からのファンの人々も、わくわくするにちがいない。 --このテキストは、 ハードカバー 版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)
『おやすみなさいおつきさま』が出版されて2年後、マーガレット・ワイズ・ブラウンとクレメント・ハードは、ふたたび共同で絵本を作りました。それが、この『ぼくのせかいをひとまわり』です。あのうさぎくんの、身近な世界がえがかれています。“おおきなみどりのへや”の外、小さなうさぎくんの世界をたのしんで。

春に来た妖精―愛を知らない男たち〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クレイグ・ヘインズは疲れていた。警官である彼は、六年前に離婚してから、男手だけで三人の息子を育てているのだが、特別捜査に携わっているため忙しく、家の中は荒れ放題で、息子たちとの関係もうまくいかなくなっている。彼は一刻も早く住み込みの子守を見つけたいと思っていた。一方、ジル・ブラッドフォードは住む場所を探していた。離婚の痛手を癒すため、友人のキムの家に身を寄せていたが、そのキムが間もなくハネムーンから帰ってくる。新婚夫婦の家に居候するわけにもいかず、ジルにとって、住み込みのナニーは願ってもない仕事だった。クレイグとジルの利害は一致した。ふたりはひとつ屋根の下で暮らすことになるのだが…。

内容(「MARC」データベースより)
男手だけで息子たちを育て疲れてしまい、一刻も早く住み込みの子守を見つけたい警官のクレイグと、友人の家に居候できなくなり、住む場所を探していたジル。ふたりの利害は一致し、ひとつ屋根の下で暮らすことになるが…。

侯爵と見た夢 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
旅行代理店で働くポリーは、顧客の要望でナポリへ飛んだ。だが、到着したホテルで彼女を待っていたのは、かつての恋人サンドロだった。顧客である夫人はサンドロの親戚で、今回ポリーを連れてこさせたのも、すべて彼の計画だったという。しかも、ホテルの従業員だとばかり思っていた彼が、実は名家の侯爵だったなんて…。だから彼は三年前、手切れ金を提示して私を切り捨てたのだろう。でも、どうして今さらおびき寄せたりしたの?ポリーの心に、言いようのない不安が茅生えた。

内容(「MARC」データベースより)
旅行代理店で働くポリーは、顧客の要望でナポリへ飛んだ。だが、到着したホテルで彼女を待っていたのは、かつての恋人サンドロだった。顧客である夫人はサンドロの親戚で、今回の件もすべて彼の計画だったという。

侯爵夫人と呼ばれて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ソフィーはトレーラーハウスの清掃や内職をしながら、姉が遺した幼い娘を必死に育てている。ある日、姉の亡夫の兄、アントニオ・ロチャ侯爵が訪ねてきた。子供の存在を知り、一族に迎えたいというのだ。彼とは姉の結婚式に出席したときスペインで出会った。お互い、たちまち恋に落ちたと思っていたのに、なぜかふしだらな女と誤解され、あっけなく終わった。そして今、アントニオは、姪を渡すつもりのないソフィーに便宜上の結婚を申し出た。夫の自由が保証されるという、屈辱的な結婚を…。

内容(「MARC」データベースより)
ソフィーは清掃や内職をしながら、姉が遺した幼い娘を必死に育てている。ある日、姉の亡夫の兄、アントニオ・ロチャ伯爵が訪ねてきた。子供を一族に迎えたいアントニオは、姪を渡さないソフィーに便宜上の結婚を申し出た。

永久なる誓い―戦士に愛を (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
プライズはスロックトン卿の娘リーリアに求婚するふりをして、ヘンリー王に謀反を企んでいると噂される卿の身辺を探ることにした。美人の誉れ高いリーリアには求婚者があとを絶たないと聞く。その話が本当なら、怪しまれることなく城に入り込めるはずだ。城に到着すると、プライズは門番の女からぞんざいに扱われた。ばかな求婚者の一人だと思われているようだ。だが彼は侮辱を感じるどころか、彼女の青い瞳に心を奪われる。そして、その日の晩餐のとき―驚いたことに、先ほどの門番の女が高座に陣取っていた。彼女はスロックトン卿のもうひとりの娘、レベッカだったのだ。中世の雄々しい騎士を描いて人気のミニシリーズ「戦士に愛を」の最新作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ムーア,マーガレット
中世のイングランドを舞台にした作品で好評を博す。特にハーレクイン・ヒストリカルのミニシリーズ「戦士に愛を」では、多くのファンを魅了し続けている。トロント大学では文学士号を取得。現在、作品数は25を超え、フランス、イタリア、ドイツなど世界中で出版されている。カナダのトロントに、夫とふたりの息子、2匹の猫と暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

苦い別離 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「ぼくたちは、やり直すべきだ」突然現れた別居中の夫ジェレドの言葉に、テレーザはうろたえた。わたしが家を出て一年半もたつというのに、いまさら会いに来て、そんなことを言いだすなんて!ふたりは出会ったとたん恋に落ち、三カ月後には挙式した。しかし、幸せな結婚生活は長くは続かなかった。夫には愛人がいたのだ。こちらを見つめる彼の瞳にはまだ情熱が宿っているけれど、わたしはもうこれ以上傷つきたくない。テレーザは彼から逃れようと、一歩あとずさった。

内容(「MARC」データベースより)
突然現れた別居中の夫ジェレドにやり直そうと言われ、テレーザはうろたえた。ふたりは出会って3ヵ月後には挙式したが、幸せは続かなかった。夫には愛人がいたのだ。もうこれ以上傷つきたくない。テレーザは一歩あとずさった。

償いの結婚式 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
まだ二十歳になったばかりだというのに、どうして人生のあらゆる苦しみが襲いかかってくるの?複雑な家庭環境で育ち、誰の子供か断じて言えない幼子をかかえるクリッシーは、次々にふりかかる苦労の中で、今日という日を生き延びることだけに必死だった。その困窮のどん底の、いちばん見られたくない場面で、まさかあの運命の人に再び出会おうとは…。因縁の貴族、ブレイズ・ケニアンが、いま、目の前にいる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド出身。ロマンス作家の中でトップクラスの人気を誇る。大学で法律学を学んでいた18歳のとき結婚。スリランカからの養子を含めた5人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

鶯谷・うぐいすだに> <アキバ中毒のページ> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <電子たばこ> <高収入バイト情報> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <台東クラブ> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース
サンテグジュペリからマルキドサドまで> <スペイン文学を知りたい!!

ooo伊豆諸島を巡ってみよう!江戸川区!ooo 千葉文化ぶんか!ooo 文の京!文京区!ooo 千葉県の施設ooo 焼肉喰ってパワーアップッ!ooo 住宅ローンのことooo 中野区居住化計画ooo おもちゃ、ホビー.コレクションooo よい街、品川ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 巣鴨で散策!ooo シブヤをよく知る為のサイトooo AV機器ooo 特大房総!房総の魅力満点!ooo 100均より安いooo 原宿をもっと知ってほしくて…ooo ~品川の街~ooo ファッション.コレクションooo リアクション芸人ooo ダーツ大好き@千葉ooo