ハーレクインかれこれ18年

もう嵌り続けて18年・・・。いっそ埋もれてしまいたい。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

秘密の恋人 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
黒いドレスを着て、ファッションショーの舞台を歩くエボニー。最前列で彼女を見守るアランは心の中でつぶやいた。彼女は魔女だ。次々と男の心を引きつけては捨てていく。それがわかっていながら、エボニーの罠に落ち、後見人という立場も忘れて、一線を越えてしまった。あれは、エボニーの二十一歳の誕生日の夜だった。目の前で誘うように裸になって、彼女はプールに飛び込んだ。あの状況では誰だって彼女を抱かずにはいられなかったはず…。そして一年以上たった今も、ふたりの関係は密かに続いている。社会的に容認されるものではないと思いつつ、断ち切れずに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

危険を愛する男たち〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『ラッキーをつかまえろ』―連続レイプ事件が発生し、フリー記者のシドはルーク・オドンロン大尉とともに特捜班に加わることになった。まっ白な征服姿もりりしいルークは、まぶしいほどの美男子だ。「ラッキーと呼んでくれ」その華やかな笑みに、シドはたちまち夢中になるが、ルークがある目的を持って近づいたことを知るよしもなかった。『大いなる誘惑』―カリーンは地震に見舞われた国で救済活動に携わっていた。テロリストの温床だと言われ、命の保証もない場所―きっとそのうち、兄が連れ戻しに来るに違いない。だが兄の代わりに現れた人物を見て、カリーンは息をのんだ。ボビー!どんなに思いを寄せても、応えてはくれなかった人。驚きながらも、カリーンは胸がときめくのを抑えられなかった。

内容(「MARC」データベースより)
連続レイプ事件が発生し、フリー記者のシドはルーク・オドンロン大尉とともに特捜班に加わる。美男子のルークに、シドはたちまち夢中になるが…。2001年刊「ラッキーをつかまえろ」と2002年刊「大いなる誘惑」の合本。

夢見た騎士 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
エドワード黒太子に従って、ルーアークがフランスに渡って三年。つらい戦闘と行軍の日々が続いていた。ある日偶然、窮地の姫君を救った彼は、その顔を見て驚いた。ローナ!いや、ローナは死んだ。しかしなんと似ているのか。菫色の瞳の姫の名はローラン。名前まで亡き婚約者に似ている。ルーアークは一目で彼女が気に入ってその日のうちに司祭を呼び、姫君を妻にした。だが南部フランスの言葉がわからない彼は名前を聞き違えていた。彼女は呪われた一族の血を引くガブリエル・ド・ローランだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バークレー,スザーン
1992年に『夢見た騎士』で北米デビューを飾り、以後、連作『愛のサマーヴィル』及び『サザーランドの騎士』の作品の数々で、名実ともにハーレクイン・ヒストリカルのトップ作家に躍り出た。1999年、惜しまれつつ他界した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

危険を愛する男たち〈4〉遠き日の英雄でなく・希望への旅人 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『遠き日の英雄でなく』―ゾーイはジェイクに請われて、ある任務につくことになる。軍のヒーローで、孤独を身にまとう彼はずっとゾーイの憧れだった。そんな彼と、数日とはいえ行動をともにできるなんて…。二人は敵の秘密基地に潜入し、相手を欺くために監視カメラの下で夫婦を装うことにした。緊張するゾーイに、ジェイクは突然とろけるようなキスをしてきた。『希望への旅人』―観光牧場の支配人レベッカは、職を求めて面接に来た男性を怪訝な表情で見つめた。鋭いまなざしに、危険な雰囲気。そのうえ、ひどく無口なのだ。牧場で働き始めた彼を見て、レベッカはさらに唖然とした。信じられない!馬に近づくことさえできないなんて。不審の念を抱き始めたレベッカは、ある日一本の電話を受け取った。

内容(「MARC」データベースより)
ゾーイはジェイクに請われ、ある任務につくことになる。軍のヒーローで、孤独を身にまとう彼はずっとゾーイの憧れだった。そんな彼と行動をともにできるなんて…。2001年刊「遠き日の英雄でなく」「希望への旅人」の合本。

春に来た妖精―愛を知らない男たち〈4〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
クレイグ・ヘインズは疲れていた。警官である彼は、六年前に離婚してから、男手だけで三人の息子を育てているのだが、特別捜査に携わっているため忙しく、家の中は荒れ放題で、息子たちとの関係もうまくいかなくなっている。彼は一刻も早く住み込みの子守を見つけたいと思っていた。一方、ジル・ブラッドフォードは住む場所を探していた。離婚の痛手を癒すため、友人のキムの家に身を寄せていたが、そのキムが間もなくハネムーンから帰ってくる。新婚夫婦の家に居候するわけにもいかず、ジルにとって、住み込みのナニーは願ってもない仕事だった。クレイグとジルの利害は一致した。ふたりはひとつ屋根の下で暮らすことになるのだが…。

内容(「MARC」データベースより)
男手だけで息子たちを育て疲れてしまい、一刻も早く住み込みの子守を見つけたい警官のクレイグと、友人の家に居候できなくなり、住む場所を探していたジル。ふたりの利害は一致し、ひとつ屋根の下で暮らすことになるが…。

灼熱の恋 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
あの男は…間違いない。ギャレス・モーガンだ。豪州最優秀デザイナー賞の授賞式で、アリーダは凍りついた。ギャレス。五年前、私が愛し、すべてを捧げた男性。でも彼は、私を一時の情事の相手としか見ていなかった。病床にある妻の代わりに、欲望のはけ口にしただけ。そんな苦い思い出に唇を噛みしめるアリーダのもとに、ギャレスがやってきて、悪びれもせずダンスを申し込んだ。私がどれほど傷ついたか、今こそ思い知らせてあげるわ!彼女は復讐を決意して、席からゆっくり立ち上がった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダーシー,エマ
フランス語と英語の教師、コンピューター・プログラマーを経験したのち、ロマンス小説の作家に転進。人と接するのが好きというだけあって、人物描写に特に優れており、登場人物それぞれを生き生きと魅力的に描いている。豪ニューサウスウェールズ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

夢見た騎士 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
エドワード黒太子に従って、ルーアークがフランスに渡って三年。つらい戦闘と行軍の日々が続いていた。ある日偶然、窮地の姫君を救った彼は、その顔を見て驚いた。ローナ!いや、ローナは死んだ。しかしなんと似ているのか。菫色の瞳の姫の名はローラン。名前まで亡き婚約者に似ている。ルーアークは一目で彼女が気に入ってその日のうちに司祭を呼び、姫君を妻にした。だが南部フランスの言葉がわからない彼は名前を聞き違えていた。彼女は呪われた一族の血を引くガブリエル・ド・ローランだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バークレー,スザーン
1992年に『夢見た騎士』で北米デビューを飾り、以後、連作『愛のサマーヴィル』及び『サザーランドの騎士』の作品の数々で、名実ともにハーレクイン・ヒストリカルのトップ作家に躍り出た。1999年、惜しまれつつ他界した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

エマと伯爵 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
十年前、富豪の一人娘エミリアはドミニクに恋をした。太っていて不器量なエミリアに、彼はとても優しくしてくれた。だが、ドミニクに求婚されたとき、彼女は断った。財産目当てと知ったからだ。その後エミリアの父が破産して自殺、彼女の人生は一変した。今は痩せて、見違えるほどの美しい女性に生まれ変わり、エマという名で家庭教師をしながら暮らしている。そして今度の雇い主は…伯爵となったドミニク!変貌したわたしを見て、彼は過去を思い出すだろうか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マーシャル,ポーラ
イングランド中部レスターに生まれ、古都ノッティンガムで育つ。勤め先の資料図書館で同じ司書の男性と出会い、結婚。三人目の子が学校に入ったのを機に英語の臨時講師として働き始めるが、その後再び大学で歴史を学んだ。これが歴史小説の執筆に大いに役立っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

復讐とは気づかずに (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
シャーリーの父は生前、画家としてそれなりに名を馳せていた。今夜は、その父が遺した裸婦画の展覧会初日だ。収益を寄付するつもりで展示に踏み切ったものの、裸婦画のモデルが皆、父の愛人だったという噂を思うと、心境は複雑だ。そんな彼女のもとに、画廊のオーナーがひとりの男性を連れてきた。父の最後の作品である、黒髪の女性がモデルの裸婦画を買った客だという。男性に目を向けた瞬間、シャーリーは息を飲んだ。褐色の肌、端整な顔立ち、たくましい体。信じられないほど魅力的だ。シャーリーはまったく気づかなかった―彼が残酷な復讐を胸に秘めていようとは。

内容(「MARC」データベースより)
シャーリーの父は生前名のある画家だった。父の遺した裸婦画の展覧会初日、画廊のオーナーが彼女のもとに、裸婦画を買った男性客を連れてきた。シャーリーはまったく気づかなかった。彼が残酷な復讐を胸に秘めていようとは。

償いの結婚式 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
まだ二十歳になったばかりだというのに、どうして人生のあらゆる苦しみが襲いかかってくるの?複雑な家庭環境で育ち、誰の子供か断じて言えない幼子をかかえるクリッシーは、次々にふりかかる苦労の中で、今日という日を生き延びることだけに必死だった。その困窮のどん底の、いちばん見られたくない場面で、まさかあの運命の人に再び出会おうとは…。因縁の貴族、ブレイズ・ケニアンが、いま、目の前にいる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド出身。ロマンス作家の中でトップクラスの人気を誇る。大学で法律学を学んでいた18歳のとき結婚。スリランカからの養子を含めた5人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

鶯谷・うぐいすだに> <アキバ中毒のページ> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <電子たばこ> <高収入バイト情報> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <台東クラブ> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo電子たばこooo 渋谷ぶらりooo 観葉植物に囲まれてecoライフin千葉ooo 山手線エリアのパスタooo お笑いタレントooo リネージュIIクロニクル1ooo 千葉県の天然記念物一覧ooo 千葉の梨園・梨狩り万歳ooo オーガニック千葉A GO GO!ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo ~新宿 Live House~ooo 幕張UFOooo ジムジムフィットネス@千葉市ooo 川は生きているooo よい街、品川ooo Rest for a momentooo シブヤをよく知る為のサイトooo コーヒーにブライト(ノア)さ~~ん!!ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo