ハーレクインかれこれ18年

もう嵌り続けて18年・・・。いっそ埋もれてしまいたい。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

忘れ得ぬ微笑 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
男爵セント・オーバン卿が唇に笑みを浮かべた瞬間、純情なジェネヴラは恋に落ちた。見知らぬ相手との縁談におびえていたけれど、この人のために生涯を捧げたい。しかし結婚生活が始まると、彼はジェネヴラを避け続けた。まるで口に出せない暗い秘密を抱えているかのように。ジェネヴラはひそかに決意した。道は一つしかない―わたしの愛で彼の苦悩を癒すのだ。いつかまた、あの温かい微笑に出合うために。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ウエストリー,サラ
短編小説やコラムなどを執筆するうちに、ロマンス小説に開眼した。以来、イギリス人作家らしいこまやかな筆致で、中世の貴族社会を題材にした作品を描いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

秘密 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「何できみと結婚しなければならないんだ?」これがルークの答えだった。「きみには、ぼくの妻にふさわしい家柄も教養もない」キャサリンの頬から血の気が引いた。父も母もなく孤児院で育ったキャサリンは、愛に飢えていた。著名な大実業家のルークに恋した十八のとき、何も求めず、ひたすら愛を捧げた。だが、彼女に与えられたのは、愛人という名前だった。豪華な住まい、贅沢な暮らし…そこにあるのは不安だけ。そして今、キャサリンは決断を迫られていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド出身。7月30日生まれ。ロマンス作家の中でトップクラスの人気を誇る。イギリス郊外に家と五エーカーの森林を持ち、そこで、スリランカからの養子を含めた五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

氷の令嬢 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある晩餐会で、そのまなざしを感じたとたん、ポーシャの運命は狂い始めた。まなざしの主は、ディエゴ・サエス。やり手の実業家で、次々に女性をものにするプレイボーイだ。晩餐会の夜以来、ディエゴは執拗にポーシャにアプローチをかけてくる。まるで狩りを楽しんでいるかのように。お金さえあれば、女性はみんな思いのままになると思っているのね。ついに業を煮やしたポーシャは、冷たい口調でディエゴに言い放った。「私があなたのような人と関係を持つと思うの?」その瞬間、彼の表情が一変し、ポーシャの背筋に戦慄が走った。

内容(「MARC」データベースより)
ある晩餐会で、そのまなざしを感じたとたん、ポーシャの運命は狂い始めた。まなざしの主はディエゴ・サエス。やり手の実業家で、次々に女性をものにするプレイボーイ。ディエゴは執拗にポーシャにアプローチをかけてくるが…。

ギリシア式に愛して (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
勤め先のレストランを経営するミハエルの婚約者として、アビーは彼の家族がいるギリシアの島にやってきた。ミハエルが初めて女性を連れてきたことを喜び、家族はみなアビーを歓迎した。ただひとり、彼の兄で海運王国を支配するテオを除いて。「ずいぶんすばやい婚約だな」テオはアビーにささやき、あからさまに疑いの視線を向けてくる。でも、この婚約の事情を明かすことはできない。威圧的なテオの追及はますます厳しくなっていったが、アビーはだまって耐えるしかなかった。

内容(「MARC」データベースより)
勤め先のレストランを経営するミハエルの婚約者として、アビーは彼の家族がいるギリシアの島にやってきた。家族はみなアビーを歓迎した。しかし彼の兄で海運王国を支配するテオだけは、あからさまに疑いの視線を向けてきて…。

危険を愛する男たち〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ハーヴァード大学を主席で卒業し、海軍特殊部隊に所属するダリルには孤高な雰囲気が漂う。連邦情報委員会と合同の対テロ訓練が行われることになり、そのなかの一人、P・J・リチャーズの必死な姿に彼は心打たれる。いつも完璧な通称“ハーヴァード”に弱みができた。P・Jこそ最高のパートナーだ―彼女が欲しい(『誇り高き微笑』)。ネルは思いがけずクラッシュと一夜をともにした。母親がわりの女性を病気で失いかけ、落ち込んでいた彼を慰めるための同情心から…。だがその夜を境に、クラッシュはネルの前から姿を消した。一年後、ネルはテレビに映る彼を信じられない思いで見つめた。海軍大将暗殺犯?まさか(『禁断の口づけ』)。

内容(「MARC」データベースより)
ハーヴァード大学を首席で卒業し、海軍特殊部隊に所属するダリルは、連邦情報委員会と合同の対テロ訓練で出会ったP・J・リチャーズに心打たれるが…。1999年刊「誇り高き微笑」と2000年刊「禁断の口づけ」の合本。

シークに罰せられて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
その男性が振り向いた瞬間、シエナは凍りついた。シーク・ハシム、かつての恋人。イベントプランナーのシエナは顧客との打ち合わせのため、ホテルのスイートルームを訪れたのだった。まさか彼が偽名を使って私を呼び寄せたなんて。五年前、婚約寸前までいきながら、ハシムはシエナをけがれた女と決めつけ、彼女を捨てた。あれ以来、私は無邪気な心を永遠に失ってしまったのだ…。ハシムはいきなりシエナを抱き寄せると、嘲笑うかのように言った。「君はいまだに僕を欲しがっている」。

内容(「MARC」データベースより)
その男性が振り向いた瞬間、シエナは凍りついた。シーク・ハシム、かつての恋人。シエナを捨てた男。イベントプランナーとして打ち合わせにホテルへ訪れたシエナだったが、彼が偽名を使って呼び寄せたのだった…。

裏切りののちに (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「二千百ドル!」競り台に上がった一枚の絵を見て、キャシーは思わず値をつけていた。それはダンの絵だった。描かれているのは、あのアトリエから見える風景に違いない。アトリエ―ダンが絵を描き、わたしがモデルを務めた場所。ふたりの恋が始まり、終わった場所。どうしても、この絵がほしい。が、付け値はどんどん上がっていく。キャシーが諦けかけたとき、「五千ドル!」と声がかかった。次の瞬間、ダンの姿が目に飛び込んできた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。テンポのよいセクシーな描写を得意としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

砂と太陽の国で (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「二十四時間以内に帰国し、我が国の実力者と結婚しろ!」父からの脅しにも似た厳命に、ケイラは茫然とした。祖国バラカは、女性の権利などないに等しい国。戻りたくない。しかも、会ったこともない男性と結婚するためだなんて…。途方に暮れるケイラの前に、思わぬナイトが現れた。バラカのシーク、カーレン・ヌリ。ケイラの初恋の相手だ。「僕なら君を助けることができる」。ケイラはその言葉を信じていいものかどうか戸惑ったが、父の回し者に襲われ、ついに彼に助けを請うた。それが新たな苦難の始まりとも思わずに。

内容(「MARC」データベースより)
「24時間以内に帰国し、我が国の実力者と結婚しろ!」 父からの脅しにも似た厳命に、ケイラは茫然とした。祖国バラカは、女性の権利などないに等しい国。戻りたくない…。途方に暮れるケイラの前に、思わぬナイトが現れた。

五つ星のプレイボーイ (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
勇気を出すのよ。父が遺したホテルを存続させるには、資金援助がどうしても必要なのだから。オパールは自分を奮い立たせ、国際ホテルチェーンのオーナー、ドメニコのもとを訪れた。だが彼の強烈な魅力に対峙したとき、勇気はしぼんだ。それでも、なんとか熱意は伝わり、援助に興味を示してもらえた。彼女を執拗に観察していたドメニコはいきなり言った。「見た目と同じように、君の唇はいい味がするのだろうか」。彼の唇がかすめたとたん、オパールはその場を逃げ出した。プレイボーイとは絶対に関わりたくない理由があったから。

内容(「MARC」データベースより)
父が遺したホテルを存続させるため、オパールは勇気を出して国際ホテルチェーンのオーナー、ドメニコのもとを訪れた。彼女を執拗に観察していたドメニコの唇がかすめたとたん、オパールはその場を逃げ出した…。

一夜の波紋 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
テイナは結婚の誓いを終えたあとも、ニック・レアンドロスの妻になったことを実感できずにいた。彼の異母弟バシリさえ事故で亡くならなければ、こんなおかしな事態にはならなかっただろう。いま、ティナのおなかにはバシリの子がいる。その子にレアンドロスの姓を名乗らせ、安定した生活を与えるべきだとニックに強く説得され、ティナは結婚に踏み切ったのだ。いまだ残る、選択を誤ったのではという不安を抑えつけ、これが最善の策なのだとティナは自分に言い聞かせた。だが結婚生活が始まると、思わぬ苦悩が生じた。

内容(「MARC」データベースより)
ティナは結婚の誓いを終えても、ニック・レアンドロスの妻になったことを実感できずにいた。彼の異母弟バシリさえ事故で亡くならなければ、こんな事態にはならなかったのに…。いま、ティナのおなかにはバシリの子がいるのだ。

鶯谷・うぐいすだに> <アキバ中毒のページ> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <電子たばこ> <高収入バイト情報> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <台東クラブ> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo台東紀行ooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 山手線エリア~銭湯~ooo 山手線で行く!Libraryooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo パチスロ必勝!in千葉市ooo 自作PCに挑戦(千葉中心)!ooo マージャン大好き麻雀@千葉ooo 荒川区の情報を調べる会ooo AKIBA-JUNKooo A&Dooo 電子たばこooo 千葉市の公園・行楽地探し・週末家族でどこにいこう!ooo 酒と泪と男と女 酒場.comooo 千葉の伝統文化。彫刻、石像、絵画、工芸、文化財ooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo 台東クラブooo 肉を焼く@千葉の焼肉ooo ぎょうざ@千葉ooo AV機器ooo