ハーレクインかれこれ18年

もう嵌り続けて18年・・・。いっそ埋もれてしまいたい。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

ドクターと悪女 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある日、モリーのもとに一本の電話がかかってきた。両親が交通事故に遭い、父は即死、母は重体だという。母の看病をするべく、モリーは故郷に帰る決意をした。十一年前に飛び出したきりの、あの町へ…。そこでモリーを待ち受けていたのは、元恋人ダンとの再会だった。驚くべきことに、ダンはモリーの母の主治医だというのだ。いい加減なプレイボーイだった彼が、町中から尊敬されるお医者様?しかも母の主治医だなんて。モリーの胃がきりきりと痛んだ。ダンは勘のいい男だ。医者とはいえそばにいられては困る。十一年間守り続けた秘密を、彼にだけは知られるわけにいかないのに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
スペンサー,キャサリン
三十数年前にイギリスからカナダのバンクーバーに移り住む。英語の教師からロマンス作家に転身。カナダ人の男性と結婚し子供にも恵まれ、現在は孫もいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レディの条件 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
父の名代としてニール卿の結婚式に出向いたガレスはその道中、正体の知れぬ賊の一団の襲撃を受け、傷を負う。ようやくニール卿の城に到着すると、彼は何者かに殺されていた。どういうことだ?犯人を突きとめなければ。そう決意したものの、傷のせいで昏睡状態に陥り、地元の金細工師の家で看護を受ける身となる。世話をしてくれたのは、金細工師の孫娘アリ。死んだニール卿の花嫁となるはずだった美しい娘だ。一度目の結婚で煮え湯を飲まされたガレスは、美女には懲りていた。この娘も亡き妻と同じで、美貌を武器にのし上がろうとしたのか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バークレー,スザーン
1992年に北米デビューを飾り、以後、連作『愛のサマーヴィル』及び『サザーランドの騎士』の作品の数々で、トップ作家に躍り出た。1999年他界(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

エマと伯爵 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
十年前、富豪の一人娘エミリアはドミニクに恋をした。太っていて不器量なエミリアに、彼はとても優しくしてくれた。だが、ドミニクに求婚されたとき、彼女は断った。財産目当てと知ったからだ。その後エミリアの父が破産して自殺、彼女の人生は一変した。今は痩せて、見違えるほどの美しい女性に生まれ変わり、エマという名で家庭教師をしながら暮らしている。そして今度の雇い主は…伯爵となったドミニク!変貌したわたしを見て、彼は過去を思い出すだろうか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マーシャル,ポーラ
イングランド中部レスターに生まれ、古都ノッティンガムで育つ。勤め先の資料図書館で同じ司書の男性と出会い、結婚。三人目の子が学校に入ったのを機に英語の臨時講師として働き始めるが、その後再び大学で歴史を学んだ。これが歴史小説の執筆に大いに役立っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

夜は甘く妖しく (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
父亡きあと領地アノシーを女手ひとつで守ってきたメリサンド。父親の訃報を聞き、サイェルヌの地に戻ってきたクイン。どちらも正式な領主となるには、地域を統轄支配する大領主に認められなければならない。その大領主に呼びつけられたふたりは、ある命令を下された。今夜すぐにも、婚礼の儀式を執り行うこと。夫婦の契りを結ばなければ、領地は没収となる。だが、クインが近隣でも有名な極悪非道の領主の息子と知り、メリサンドは決意した。彼には指一本触れさせない、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
デラクロワ,クレア
1993年『汚れなき薔薇』でデビュー。ヒストリカル分野のトップ作家となる。ヨーロッパの広範囲を舞台にしたファンタジックな作風が特徴。カナダのトロント在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

西部の掟―ロマンス・メーカー〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
今日は親友サラの結婚式。理想の恋人を見つけて幸せそうな花嫁がマーガレットにはちょっぴりうらやましい。もう一人の親友キャサリンもつい最近結婚したばかりだ。同じロマンス作家として活躍する三人の友情は永遠だと言い開かせても一抹の寂しさはぬぐえない。披露宴のあと、マーガレットは一人とぼとぼとアパートメントに帰った。部屋のドアを開けたとたん、人の気配が!暗闇に目を凝らすとぼんやり見えてきたのはウエスタンブーツにカウボーイハット。「今度は逃げるなよ、マギー」聞き覚えのあるセクシーな声…。一年前にけんか別れした恋人、レイフかしら。

内容(「MARC」データベースより)
今日は親友サラの結婚式。幸せそうな花嫁がマーガレットにはちょっぴりうらやましい。披露宴のあと1人アパートメントに帰ると、ドアを開けたとたん、人の気配が! そこにいたのは、1年前にけんか別れした恋人レイフだった!

一夜の代償 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
眠りから覚めたとき、ディー・アンは裸だった。頭がずきずきし、吐き気がする。おそるおそる目を上げると、大きな筋肉質の背中があった。眠っている男の裸の背中は…その下の下までずっと裸。彼女は記憶をたどった。昨日はカーターの結婚式に出た。元婚約者の結婚式に出席するのは、かなりの勇気が必要だった。それからは…?ああ、何も思い出せない!とにかく、この男が誰か確かめなくては。ベッドの反対側に回って、男が抱えている枕をはぎ取る。「あなただったの!」ディー・アンは悲鳴のような声をあげた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
マカリスター,ヘザー
1989年にデビュー。さまざまな賞にノミネートされ、現在ではベストセラーリストに名を連ねる作家となる。アメリカ、テキサス州在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ふたたび熱く (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
「今どき一度もベットを共にしないで結婚を決めるなんて」マギーは自宅で開いたギャリーとの婚約披露の仮装パーティで、親友にそう言われ、心が揺れた。シャンパンと仮装のせいで大胆になっていたマギーは、オペラ座の怪人に扮したギャリーが姿を現すと、クローゼットの中に誘い、自ら唇を重ねて抱きついた。意外にも彼は情熱的で、いつしか二人は激しく求め合う。ところが、マギーが身繕いを終えて部屋に戻ったとき、ギャリーとまったく同じ仮装の怪人がもうひとりいた!さっきまで一緒にいたのは、どっちなの―。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ジョー
20世紀フォックス社、CBSやNBCなどの米テレビネットワーク局で働き、脚本家としても50本以上の作品にかかわってきた。映画やテレビドラマの仕事のかたわら書いた初めてのロマンス小説がロマンティック・タイムズ誌のベスト・ファースト・ブック部門に入賞。キャリアを変更して小説家となった。講演活動や創作指導なども行っている。アメリカ、ラスベガス近郊に在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

週末は夢のように (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
愛車を運転していたアンジーは、目の前の看板広告を見て、急ブレーキを踏んだ。そこに写る巨大な顔写真は、紛れもなく彼女だったのだ。しかも、“恋人募集!セクシーエンジェル”と書いてある。訳がわからず動揺しつつも、アンジーは商談の場へと急いだ。相手は不動産王のヒューゴ・フルブライトだ。アンジーが自己紹介をすませるなり、彼はきいた。「アンジーというのは、“エンジェル”の短縮形かな?」広告を見たのね!頬を染めた彼女に、ヒューゴは追い討ちをかけた。「この週末を東京で一緒に過ごさないか、僕のエンジェル?」。

内容(「MARC」データベースより)
愛車を運転していたアンジーは目の前の看板広告を見て急ブレーキを踏んだ。そこに写る巨大な顔写真は紛れもなく彼女だったのだ。しかも「恋人募集! セクシーエンジェル」と書いてある。動揺しつつも商談の場へと急ぐが…。

永遠の初恋 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ケンタッキー州バックホーン。夏、一人の女性が帰郷した。彼女の名はエマ。ハイスクール時代から浮名を流していたセクシーな女性だ。エマにはどうしても再会したくない相手がいた。ケイシー…誉れ高きバックホーン・ブラザーズの息子。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
フォスター,ローリー
ハーレクイン・テンプテーションを代表する作家。デビュー以来、愛に対する確固たる信念をセクシーな作風と切れ味のいい文章で表現し、読者の支持を得ている。その作品はニューヨークタイムズやUSAトゥディのベストセラーリストにも登場。アメリカのオハイオ州に住む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

十七歳の花嫁 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
父を訪ねてきたニックに会ったとき、リーはひと目で恋をした。こんなすてきな人のためなら死んでもいいとさえ父に言い、十七歳のリーはニックと結婚式を挙げた。だが、結婚初夜からずっと彼はリーに指一本触れようとしない。もう五年も、リーは砂を噛むような空疎な日々を送ってきた。ニックと別れる決心を固めた矢先、彼女は恐ろしい事実を知る。父がニックの家族の重大な秘密を握り、脅迫して、彼に結婚を承諾させたのだという。夫は、別れたくても私と別れるわけにはいかないのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド出身。ロマンス作家の中でトップクラスの人気を誇る。大学で法律を学んでいた十八歳のとき結婚。この結婚は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。スリランカからの養子を含めた五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

鶯谷・うぐいすだに> <アキバ中毒のページ> <鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」> <千葉の印刷なら千代田印刷> <幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク> <横浜関内リラクゼーションサロンDIO> <ハロー!江東区!> <東京ぶらぶら> <墨田区紀行> <電子たばこ> <高収入バイト情報> <GOGO!江戸川区!> <台東紀行> <台東クラブ> <美容外科> <日暮里 鶯谷 上野 ニュース

ooo東京ぶらぶらooo ~品川の街~ooo 上野情報.comooo 千葉スポーツ施設MAPooo リネージュIIクロニクル インタールードooo 木更津市をもっと知りたい.com!ooo 千葉のショッピングモールooo スーパーシガレット/SuperCigaretteooo ビバ!プリプレスooo 渋谷ぶらりooo 山手線エリア~異国の料理を味わう!~ooo 対戦求む!千葉最凶のゲーマー!ooo ファッション.コレクションooo 鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」ooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo ECO Smoker(エコスモーカー)ooo マージャン大好き麻雀@千葉ooo おやじの聖地、のんべえの街、新橋ooo -うぐいす谷Guide-ooo 夏はプールだ千葉特集ooo